【スポンサードリンク】

人気閲覧ページランキング

子連れ旅でお得

格安海外旅行 子連れ

 

最近、子どもを連れて海外旅行をする人がとても増えていますね。
実は筆者もそうでして、
子どもの休みと親の休みの都合を合わせては、海外に出かけます。
その際思うのが、やはりいかに安く行くか、です。

 

友達との旅は、もちろん旅費は、
自分の渡航費だけ払えばよかったですが、
子連れ旅行はそうは行きませんよね。

 

激安ツアーで申し込んでも、
家族全員分の支払いをするとなると、高額になります。

 

そして、もちろん現地での食事代やオプショナル代など、
家族旅行にはとても費用がかかるので、
せめて渡航費だけでも安く行きたいですよね。

 

 

安く行く方法とは?

格安海外旅行 子連れ

では、どうしたら少しでも安く行けるのか?
それはずばり「個人手配」することです。
個人手配とは、
自分で航空券もホテルも予約して旅行をすることです。

 

航空券は格安航空券をゲットし、
ホテルは好みのホテルを予約すればいいのですが、

じつは、そのホテルを個人手配することが、
格安になるコツなのです。

 

 

海外のホテルでは、ルームチャージと言って、
1泊につき1部屋に料金がかかります。

 

例えば、家族4人で1泊100ドルのホテルに4泊するとしたら、
100ドル×4泊で、
家族全員分のホテル代は400ドル(+タックス)になります。

 

1人あたま、100ドルでホテルに4泊できるのです。
それに、格安航空券と現地での滞在費をプラスしても、
ツアーよりだいぶお得になります。

 

 

しかし、子どもが2歳未満で飛行機の座席なしであれば、
ツアーでも安い場合があります。
その際によく見られる勘違いですが、
2歳未満でもツアー代金はかかります。

 

2歳未満はまったくのただ、と思っている方が多いのです。
燃料サーチャージや、
空港使用税を含めた手数料などの代金はかかるので、
気をつけてくださいね。


 

 

失敗しない格安旅行の秘訣は3つ!

このホームページでは、安くて充実した海外旅行に行くための方法が、
いろいろ書かれています。

ただ、いろいろポイントがありすぎて、どうしたらいいのか分からないという人は、
少なくとも、次の3つのポイントを抑えておくといいです。

格安でも失敗しない海外旅行プランの立て方を紹介します。

「格安時期に行く」
年末年始というと、一般的にみんな旅行に行くので、
料金も高いイメージがあると思います。

しかし、実はヨーロッパや韓国ならお得ツアーを探せます。
なぜなら、この時期は1年で最も寒いオフシーズンだからです。
でも、お買い物や美術館巡りなら、外が寒くても問題無いですよね♪
インドア目的のあなたにとっては、格安時期と言えます。

また、直前予約でツアーで行くのも、テクニックの1つです。
旅行会社はツアー作成時に、既に飛行機やホテルを予約しちゃってますから、
キャンセルや売れ残ったツアーほど、痛いものはありません。
旅行会社は何とかして売りたいので、格安料金を提示してくるんです。


「パックを利用する」
こだわって自分でひとつひとつ手配するのは、
自由度が高いですが、トータル料金が高くなりがち。

逆に、あまり料金重視にすると、ホテルはボロボロで疲れが溜まります。
更に、旅行行程に無理が生じて、結局行けないスポットが出てくる可能性も・・。

でも各旅行会社のパックは、旅のプロが考えた内容です。
航空券・宿泊先・観光等が、ムリ無くバランスが良いですし、
料金も、総額で安く設定されていることがほとんどです。
また、すべて自己責任の個人手配とは違い、トラブル時のサポートがあるツアーもあります。


「1社で決めず、必ず複数の会社のプランを比較」
せっかく休みが取れて、それまで貯めたお金をつかう海外旅行ですから、
あなたの条件や希望を、最大限叶えてくれるプランがいいですよね。
そのためには、選択肢は多いに越したことはありません!

プラン選びは必ず、複数の旅行会社のパンフレットを取り寄せ、
時期・内容・料金等で比較しましょう。
比較すれば、できるだけ安くて内容も充実したプランを探せます。
見比べていくうちに、その地域のツアーの相場も分ってきますしね。

しかも、今はこんなサービス(「タウンライフ旅さがし」)もあるので、
面倒な手間はかかりません。
こちらは、「海外旅行プラン一括依頼サイト」。
自宅にいながら、コスパの高い旅行プランの提案を受けられます。



この3つのポイントをおさえれば、
海外なんてムリかな?と思う予算でも、十分楽しめるプランを探せます。

プランにかける予算が、想定より安く済めば、
その分浮いたお金で、ゴージャスなディナーを食べられるかも・・♪



⇒ 私も自分にピッタリの旅行プランをチェックしてみる